七五三って何歳でするの?年齢早見表

七歳・五歳・三歳でお祝いすることは知っていても、男の子と女の子の違いはあるの?
数えでするの?満年齢でするの?早生まれの場合はどうなるの?
など、なぜか疑問が尽きないですよね❔

まずは、七五三とはどんな行事なのかを知ると、数々の疑問が解決します。

七五三は江戸時代から始まったという説が今は濃厚なんですが、そんな数百年続いている行事なので、少しずつ時代とともに変わってきています。
子供の成長をお祝いする行事には変わりないのですが、なぜ7歳・5歳・3歳が節目になったのか❓
今では七五三という言葉でまとめてしまったため、同じ行事として受け取たれがちですが、実はそれぞれの年齢で違う行事なのです。

三歳は「髪置きの儀」と言って、江戸時代では三歳までの男の子も女の子も髪を剃る習慣がありました。それが終わり髪の毛を伸ばしますよ~という儀式です。

五歳は「袴着」と言って、男の子が袴を着用をする儀式です。

七歳は「帯解きの儀」と言って、女の子が紐帯を卒業して大人と同じ帯を締め始める儀式です。

この由来から、男の子は三歳と五歳女の子は三歳と七歳でお祝いをするのです。

続いて、数え年でするのか?それとも満年齢でするのか?
ということなのですが、江戸時代から現代にいたるまでの間に年齢の数え方が法的に改善されました。
今は誕生日がきて1歳となるのですが、明治時代までは1月1日元旦に全国民が一斉に歳を取るという歳の数え方でした。

一斉に歳をとる時代までの年齢の数え方を「数え年」と言い、昔に倣って数え年にするのか❓、現代に倣って満年齢でするのか❓ということです。
現代では満年齢でとされる方が主流ではあるようですが、どちらでもいいとされています。

きょうだいで満年齢と数え歳であれば一緒にお祝いしても問題ないでしょう。
また、満年齢でお祝いすることが主流になっている一つの例として、子供の成育にも関係しています。
特に三歳に関して言うならば、数え年ですると、満2歳未満ですることになりかねません。
極端な話ですが、令和2年12月31日生まれは生後1日で1歳となります。
同じ令和2年1月1日生まれでは同じ1歳でも日にち的には365日に違いが生まれることになります。
せっかくのお祝い事ですの子供に負担がかからない年齢が良いと思います。

2020年 年齢早見表
3歳 2018年(平成30年)生まれ 【満年齢】2017年(平成29年)生まれ
5歳 2016年(平成28年)生まれ 【満年齢】2015年(平成27年)生まれ
7歳 2014年(平成26年)生まれ 【満年齢】2013年(平成25年)生まれ

早生まれの方
早生まれとは1月1日~4月1日生まれのことです。
下記が早生まれ込みの年齢早見表です

2020年 早生まれ込み年齢早見表
3歳    平成30年4月2日~平成31年4月1日
【満年齢】平成29年4月2日~平成30年4月1日
5歳    平成28年4月2日~平成29年4月1日
【満年齢】平成27年4月2日~平成28年4月1日
7歳    平成26年4月2日~平成27年4月1日
【満年齢】平成25年4月2日~平成26年4月1日

お子供1年の成長はとても大きいですよね
一年たつと体つきも顔つきも変わります
お写真撮影をお考えの方は小さい子ほど満年齢をお勧めしています。
着物を着るのは大人でもちょっと疲れちゃいますので、お子様ならなおさら
お子様の負担にならないような年齢がいいように思います。

お祝い事ですのでみんなで楽しく素敵な思い出になるようにしてくださいね